アイフルの想定する定期的な収入とは?

アイフルを利用するための条件は、定期的な収入があるということです。定期的な収入があれば正社員でなければならないというわけではなく、パートやアルバイトで収入を得ている人であってもアイフルを利用して融資を受けることは可能です。

 

 

収入のない専業主婦はアイフルの利用は無理ってことよねぇ・・・


この点はアイフル以外の他の消費者金融と同じであり、アイフルが総量規制が適用される融資を行っていることも関連していますが、定期的な収入を得ていない人の場合はアイフルを利用することはできません。

 

 

収入面は勿論だけど年齢の条件もあるのよ!


では定期的な収入があれば誰でもアイフルを利用することができるのかといえば、これについても無条件で誰もでもOKというわけではありません。アイフルを利用するための条件としてもうひとつ設定されているのが満20歳以上70歳未満というものです。

アイフルのいう定期的な収入とは?

そのため、安定した収入を得ている人であっても未成年者の場合はアイフルを利用することはできないということになります。また、配偶者の収入や年金というものについてもアイフルでは「定期的な収入」として判断されません。

 

たとえば専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があったとしても、本人の収入が安定したものではないということから、アイフルでは融資を行う対象としては認められていないということになります。

 

 

年金収入を得ている場合はどうなのかなぁ・・・


また、アイフルが想定する「定期的な収入」とはあくまでも勤務先などからの給与収入のことであり、

 

 

年金や保険といったものについては「定期的な収入」とは判断されません。


定期的な収入であるという判断はアイフルの審査結果でしかわからない

給与収入以外にも「定期的な収入」と呼ばれるものには様々な形式のものがあります。そんな中であってもアイフルが想定するものと異なっているものであれば、それは収入と判断されないと考えられます。

 

 

審査では収入形態だけでなく信用情報による返済能力も重視されます。


また、給与収入を得ているからといって融資を受けることができるかどうかについては実際にアイフルの審査で決定されます。アイフルの審査では返済能力を確認されますが、それを測るうえで収入が大きなポイントとなることは言うまでもありません。