アイフルで適用される金利と限度額について

アイフルで融資を受ける場合に適用される金利は4.5%〜18.0%となっています。ここで適用される利率設定については法律で定められている金利の範囲内となっており、とりたてて低い・高いということはなく、

 

 

消費者金融で融資を受ける場合を考えるとごく平均的な金利といえます。


勿論、この金利というものはアイフルで融資を受けた場合に支払う利息にも関係してくるものなので、低い金利が適用されるに越したことはありません。但し、始めてアイフルを利用する場合であれば

 

 

50万円の借入だと金利はどの金利が適用されるのかなぁ・・・


よほどのことが無い限りは

 

 

上限金利である18.0%が適用されることがほとんどです。


アイフルでは適用する金利について実際に融資を行う金額に応じて変動する仕組みを採用しており、基本的には50万円までの融資は18.0%という利率が適用されます。当然ながら申し込んできた人が金利を選ぶということはできず、

 

 

アイフルで借りるメリットは特別ないかも・・・


適用される金利についてはアイフル側が融資を行う際に実行する審査の中で決定されます。

消費者金融の利用限度額が意味を持たない理由

次に、アイフルで融資を受けることができる上限金額ですがこの限度額については最大で500万円までとなっています。ただし、アイフルは総量規制が適用された融資を行っている関係から年収の3分の1を超えてお金を借りるということはできません。

 

 

消費者金融の利用限度額が大きくても総量規制が適用されるから魅力がないんだよなぁ・・・


500万円まで融資可能ではあるものの、実際にアイフルから500万円の融資を受けるためには最低でも1,500万円もの年収が必要なので、アイフルから限度額いっぱいまで融資を受けることができるという人はほとんどいないといっても良いでしょう。

 

 

そうだなぁ・・・少しだけど金利も低くて即日対応可能なサービスの豊富なプロミスのほうが利用価値が高いといえるね!


なお、アイフルでは50万円以上の融資を受ける場合や、他社からの借入がトータルで100万円を超えている場合などは融資を申し込むにあたり収入証明書の提出が必要となります。

 

アイフルは誰もが手軽に申し込むことができるという特徴をもっていますが、その「手軽さ」を実感するためには50万円以内での利用がおすすめです。金利のことも含め、必要最小限の金額で利用することがアイフル利用の「基本」といえるかもしれません。