アイフルが開始した無利息期間とは?

今や消費者金融のサービスとして常識となりつつあるのが「無利息期間」です。

 

 

アイフルは無利息期間サービスなんてないよなぁ・・・


これは、一定期間の利用であれば利息が発生しない、というサービスのことであり、融資を受けた金額についてもその期間内に返済をすれば利息を支払わずに返済できるというものとなっています。

 

 

確か、つい最近始めたんじゃないかしら・・・


そんな無利息期間ですが、実はアイフルではこの無利息期間のサービスが開始されたのは2016年の2月28日です。

アイフルで無利息期間は何故なかったの?

では、何故今迄アイフルでは無利息期間が用意されていなかったのでしょうか?実際の理由についてはアイフルの社内規定のため一般的にはうかがい知ることはできませんが、ひとつはアイフルのもつ「独自性」が関係しているといえます。

 

 

今頃、開始してもプロミスの真似事のようにしかみえないけどなぁ・・・


プロミスやアコムなど大手と呼ばれる消費者金融のほとんどは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など大手都市銀行の系列企業として傘下に入っていますが、アイフルはこうした銀行のグループ企業に加わらずに独自路線を進んでいます。

 

そのため、他の消費者金融で行っているサービスについて敢えて対応しないことで独自性を強調していると考えることもできます。また、もうひとつの理由としては「無利息期間以外のサービスの拡充」という要因もあります。

 

 

でも、色々サービスがあって利用し易すそうだけどなぁ・・・


アイフルではインターネットでカードローンの申し込みを受け付けていますが、その後のカードの発行について契約ルームを利用して受け取るといったことができる他に、郵送で受け取ることもできます。

 

この時に便利なのが「配達時間えらべーる」というサービスで、これはその名の通り希望の時間帯にカードを届けてもらうというものです。自宅までカードが届くということで、家族にアイフルの利用が知られてしまう、

 

 

サービス名はインパクトがあってもイマイチなんだなぁアイフルのサービスは・・・


そんな心配もこのサービスを利用することで解消できる、これがアイフルの「配達時間えらべーる」の目的のひとつです。

アイフルの独自性サービスの崩壊

このようにアイフルでは無利息期間サービスを補うだけの様々な独自のサービスを多数展開しつつ、独自性の強化によってアイフルは「大手」としての地位を堅持してきました。しかし、利用者のニーズに対応した

 

 

プロミスのサービスはアイフルの独自性のサービスを遥かに凌いでいます


のでここへきて急遽無利息期間サービスを開始したような感があります。この無利息期間サービスにおいても、

 

 

無利息サービスもプロミスのほうが利用し易いなぁ・・・


アコムやアイフルの無利息サービスは契約日の翌日から計算されるのに対しプロミスの無利息サービス初回利用日の翌日から計算されるといった利便性の高さから顧客からの評価も高くアイフルの開始間もない無利息サービスもあまり知られていないというのが現状です。