危険な即日キャッシングの認識

学生の頃に運動系のクラブ活動で培った体力や能力、そして肉体。それを維持もしくは向上させるのが、私の趣味であり、一種の意地でもある。

 

学生生活を終えてからの数年間、かかすことなく続けている趣味。例えばジョギング。週に3日、1日に1時間、街中を走る。

 

早朝4時に起きて海と川と山を見ることのできる半都市半田舎のルートを40分〜1時間ほどかけてジョギングをしていると、気分良くその日を過ごすためのスイッチになる。そして筋トレは週に2日か3日、ジョギングをしない日に行う。

 

1回の筋トレの時間はせいぜい1時間で、それ以上になると体がもたない。それくらい、体に負担のかかる程度の強度で取り組んでいる。そしてそれを肉体に表すための食事。これが結構費用がかかるし、知識も必要とする。

 

卵ご飯と納豆、オレンジジュースを基本にジョギングの日は鶏のささみと様々な野菜。筋トレの日は鶏の胸肉と豚肉に野菜もたくさん。1日で、だいたい1000円〜1500円ほど。そしてプロテインこのプロテイン代がまたバカにならない。

 

1月で1万2000円ほどを費やしてしまう。ジョギングする際の靴も大切だ。次から次へと改良を重ねられ発売され、もちろん機能に関しても心惹かれる。

 

特に夏場なんかはジョギング中の足元を少しでも涼しく保ちたいがために、それを実現できる機能を備えた靴を3足、ローテーションで履くことにしている。1足約1万円を3足。そして冬にも1足か2足購入。

 

靴代に、年間約5万円貯めれば小旅行くらいには行ける分のお金を費やしてまで、自分でも飽きもせずよく続けていられるなと思うし、恋人からも、一体何を目指しているのか、と聞かれることが多々ある。体が動く限りは続けたいと思う。

 

止めてしまうことで今まで作り上げた体が劣ったり、努力してきた自分を裏切るのが嫌だから。

 

そしてなにより嬉しいのが、そういったことが認められ、地元が主催するクラブ活動のコーチとして招かれたり、マラソン大会に出場した際に出来る、苦しい思いを共有することのできる新しい仲間が出来ることだ。

 

他に趣味らしい趣味もない自分にとって唯一とも言える趣味だけど、苦しくても長年続けてきて良かったと、心から思える趣味だ。これだけ費やしても即日キャッシング 危険と認識しているので利用した事がない。